BACK TO NEWS

7/7

2022

★生産管理システムTPiCSの新バージョンTPiCS-X 5.0 発売開始(日本)

日頃からTPiCSをご利用いただきありがとうございます。
このほど、日本のTPiCS研究所より新バージョンのTPiCS-X 5.0を発売開始されました。(2022年6月20日 日本で販売開始)
タイでは、来年以降の展開を考えておりますが、ご興味のあるお客様はお気兼ねなくお問合せください。

TPiCS-X 5.0は、製造業様の永遠のテーマ  ” 速く、安く、需要変動にレスポンス良く、しかし、安定した生産 ” を、継続的に実現するため、開発プラットフォームを一新し、高解像度ディスプレイでの表示やタブレット操作にも対応可能です。

また、機能の充実も図り、ガントチャートで時間単位の計画調整や、金型や設備など個々をリソースとして管理し、リソースの使用計画や、部門別ガントチャートと組合わせて、負荷の確認、メンテナンス計画にもつながるオプションも追加されました。

インターフェースは新しくなりましたが、4.1、4.0のユーザー様や、3.2、3.1のユーザー様にも、引き続きお使いいただけるように、生産管理の根底の考え方、機能の継続性を持ち、容易にデータ変換する機能も組込まれております。システムのブラッシュアップにもご活用ください。

TPiCS-X 5.0 機能トピック

・タブレットによる操作性向上や、高解像度画面にも対応する「一新したインターフェース・

・項目集計、グループ集計、総集計 どこのフォームでも任意に設定できる「グループ集計機能」

・時間の単位まで調整可能になった「部門別ガントチャート・製番明細ガントチャート」

・すべての製番計画を一度に表示し他製番への引当も見ながら調整可能になった「製番明細ガントチャート」

・生産実績と連動できる、設備、金型、治具の管理を行う新設の「リソース管理オプション」

・所要量計算中に代替品を使用する計画の作成が可能になった「代替生産オプション」

・製造リード日数を考慮した「自動平準化」

・受注の変化を記録、分析に使用できる「受注推移一覧テーブル」

・棚番管理にも適した「保管場所マスター」

・得意先マスターから別表示が可能になった「納入場所マスター」

・複数の納入先の管理ができるようになった「売価マスター」