セキュリティソリューション IT Policy N@vi

2017年10月11日

タイでは、セキュリティ感覚が弱く、日本に比べ簡単にPC ,USBの持ち出しを行い、情報漏えい等事業継続を脅かす様々なICTリスクが増大しています。

「セキュリティソリューション IT Policy N@vi」は、ICTリスクを回避する上でもっとも重要なエンドポイントである業務利用端末をコアに、ICTリスク対策を行うために必要な機能を提供することで、お客様のICTガバナンスの実現を支援するクラウドサービスです。

*ICTは「Information Communication Technology」の略語で、「通信技術を使ったコミュニケーション」のことです。

itpolicy1

 


 IT Policy N@viの特徴

①: ポリシーによるICT機器の統制&管理

OSの設定やウィルス対策ソフトウェアの状況等、セキュリティを中心にお客様が設定されたポリシーに準拠してICT機器が運用されているかどうかを定期的に診断します。近年、情報漏えいの原因となることが多いUSBストレージデバイスや不正アプリの利用制限、スマートデバイス紛失時のリモートロック・ワイプといった機能も備えており、ICT機器から自動で収集されるソフトウェア・ハードウェアインベントリ情報とあわせ、組織内で利用する様々なICT機器を統合管理することができます。

itpolicy3

②ポリシー遵守状況の可視化

システム管理者は、「管理者向けWebダッシュボード」で組織のポリシー遵守状況をひとめで把握することができます。ポリシーに違反している端末も、ドリルダウン操作で容易に絞り込むことができます。 利用者の端末上にもポリシー遵守状況がわかりやすく表示されます。ポリシーに違反している項目については、その改善方法も併せて提示されるため、利用者自身での改善が可能で、利用者のリテラシー向上にもつなげることができます。

itpolicy2

③ マルチデバイス対応

Windows (R) PCのみならず、業務利用で増加するAndroid (TM) 端末(スマートフォン・スレート・タブレット等)やiOS端末、MacOS端末も対象に、社内のICT機器を一括管理が可能。システム管理者の運用管理負荷を大幅に軽減することが可能となります。

④クラウドサービス

IT Policy N@viはクラウドサービスのご提供となり、管理対象となるパソコンやスマートデバイスにエージェントプログラムをインストールするだけで、ご利用を開始頂けます。専用のサーバー機器やストレージ、ネットワーク機器などの導入は不要です。

オンプレミス型ソリューションと異なり、導入当初から全社展開を見込んだサーバー機器を導入する必要はありません。始めたい処(デバイス、場所)からスタートし、順次その対象範囲を拡大させるというステップ展開が可能です。

 


★会社の情報セキュリティの改善・及び不安を感じているお客様はお気兼ねなくお問い合わせください!

M.SOFT (Thailand) Co., Ltd.
43 THAI CC TOWER 17th Fl., Room No. 174 South Sathorn Rd., Yannawa, Sathorn, Bangkok 10120 THAILAND
Tel. : (+662) 673-9980 (上浦、岡、渡辺)
Fax. : (+662) 673-9986
E-mail : msthai@msoft.co.th