クラウドサービス・システム(AWS)

2017年6月20日

安心のクラウドサービス・システムをご提供

★エム・ソフトでは、タイの各企業様に向け

アマゾンクラウド(Amazon Web Service)を中心に、安心できるクラウド関連サービス・システムを提供いたします!


・クラウドサービス イメージ図

cloudnew

タイではクラウド事業の展開がまだまだ少なく、タイ国内の事情(停電が多い 雨・落雷によるサーバー障害 洪水や政情不安の恐れ)もあり、データ保全の観点からもシステムをクラウドで運用していく形態がお勧めです。

是非、御社のITシステムを『自社内でサーバーシステムを保有する』煩わしさより開放され、クラウドにて『安心できるシステム・サービスを利用する』方向に切替をご検討ください。


*エムソフトのクラウド・サービス(システム)*

■顧客管理システム(CRM) (->Msoft-CRMのページ)

エム・ソフト タイランドで独自開発したCRMマネジメントシステムです。クラウド上での顧客管理、顧客情報および訪問履歴の管理およびレポートができます。

■ファイル管理システム(ファイルサーバー)

Amazon Cloud S3にて重要な業務書類をクラウド上に保管、バックアップ及びどこからでもアクセスが可能ですので、拠点間/日本本社間の情報共有に最適です。

■情報セキュリティサービス

タイではまだ十分ではない、社内情報の情報漏洩に対応するためのクラウド型セキュリティサービスです。

■サプライチェーン管理システム(SCM)

サプライヤー・顧客間にて製造・納品情報等をクラウドにて共有することにより、部品手配による遅れの防止・2重在庫保有の防止等に役立ちます。

■バーコード在庫管理(倉庫管理)システム (->ロジザードZERO(WMS)のページ)

バーコードが標準装備のクラウド在庫管理システムのロジザードZEROにて、誤出荷ゼロ・在庫誤差ゼロを実現できます。

■生産管理・在庫管理・会計ERPシステム (->SimLex ERPのページ)

総合業務パッケージ「Simlex」をクラウドにて販売いたします。生産、在庫管理から会計システムまでの業務機能が一通り揃っていますので、新規導入顧客については最適です。

■攻撃型生産管理システムTPiCS (->TPiCSのページ)

日本製生産管理システムTPiCSをクラウドにて運用することも可能です。

■Human Resource管理/Assets管理のご提供も予定しております。

個別のクラウドサービス・業務システム(->個別システム開発のページ) のご提供 

(★★クラウドの利点を活かし、御社の中で今まで出来なかった業務のシステム化、複数拠点&取引先間との連携強化による企業競争力アップ等、お客様のアイデアによるシステム化にM.Softが力になります★★)

また、単なるソフトウエア導入販売ではなく「コンサル・不正防止」等をセットにしたセキュアなシステム運用等の「クラウドによりシステムと業務の整合性をセットで担保し顧客の業務自体の一部として組み込まれる業務ポータルサービス」の提供も予定しております。


★このような課題をお持ちのお客様★

① 社内のITリソース・サーバー管理の簡便化を図りたい。

         * ITのコストを削減したい/社内サーバーを整理したい/IT担当人材不足の対応等

② 複数拠点で同一システムを導入したい、日本でも現地の業務状況を簡単に見たい。

        * タイ工場 -タイオフィス間/タイ現地-日本本社間/自社-取引先(サプライヤー)間等

③ システムのみでなく「不正防止」等 コンサルや運用も含めた業務改善/業務シンプル化を考えている。

ー>アマゾン安心クラウドサービスのご利用をご検討ください!!


クラウドにて、システムの「保有」の時代から「利用」の時代へ

onpre-cloud

 

 

・オンプレミス(社内サーバーシステム)とクラウドの比較

comparison

 

★クラウドサービス(AWS)のメリット★

①導入コスト&運用コストが抑えられる!(ITコストの削減)

今までは何かシステムを導入しようとする時は、サーバーを購入し、そのサーバーへソフトウェアをインストールして利用するのが普通でした。

しかし、サーバーを購入するとなると、購入費が必要となる上、経理上もそのサーバー類を管理していかなければなりません。また、運用していくにあたり、メンテナンスも必要となってきますし、数年毎にOSの変更やシステムの変更、サーバー自体の変更等が発生します。しかし、クラウドであるAWSを利用することで、「資産の管理」や「保守」を自社内で維持することが不要となり、管理負荷の軽減やコスト削減が期待できるのです。

また、初期コストですが、そもそもサーバーを購入する必要が無いので初期コストの部分でもコスト削減を期待できます。

peak

 


②インターネットが繋がる環境であれば、どこからでも利用可能!!

クラウドシステム利用の大きなメリットの一つに、インターネットにつながる環境であれば、どこからでもサービスにアクセスでき、利用することが出来る、という点があります。導入するシステムにもよりますが、営業担当者等会社の外に出る機会が多い人などであれば、外出先から様々な作業をオフィスに居るのと同様に利用することが可能となります。

また、海外拠点や地方の営業所においても、物理的に離れた場所で同じシステムが利用出来る事から、ファイルや情報の共有化が可能となり、様々な無駄が減る事が期待されます。

 


③障害に対する耐久性が高い(セキュリティ・ハードウェア)

・アマゾンクラウド(AWS)は、地球規模でのバックアップサイトを構築しています。

・アマゾンクラウド(AWS)は、災害時の迅速なシステム復旧が可能です。

自社でサーバーを購入して利用している場合怖いのはサーバーそのものの物理的な故障です。この場合、IT担当者が自分で対応をする必要があり、修理にも時間が必要な事が多くあります。また、稼働中のソフトウェアが予期せぬ故障で中断した場合など、ソフトウェアの復旧、データの復旧等も必要となってきます。

実は、クラウドシステムを利用することによりこれらの問題は一気に解決してしまいます。大切なデータは設備の整ったデータセンターで24時間365日、専門の担当者による監視の元運用されている機器の中にあるからです。この信頼性ですが、例えばAmazon S3というサービスですと、99.999999999%(9が11個)という耐久性を発揮するように設計されていますので、サーバーの故障やデータの喪失による損失を防ぐことが可能となります。 また、情報漏えい等に対しても、自社にサーバーを置くことに比べ、高いレベルで管理されているデータセンターでの運用の方が安心できます。この事は、銀行を始め様々なサービスの基幹システムがクラウドを利用していることからもわかります。

aws-network

 


④システム構成の変更(拡張・縮小)に優れています。

・既存のオンプレミス環境とハイブリッドな構成が取れます。

・仮想サーバ(クラウド)ですので、負荷に応じてサーバの増減がしやすい。

scale-in-out

 


★アマゾンクラウドサービス:AWS Partner Network(APN)

エムソフトでは、アマゾンクラウドサービス(AWS)のAPNテクノロジーパートナーとしてお客様に幅広くクラウドソリューションのご提案・ご提供をしておりますので、ご安心しておまかせください!

apn-technology-partner

 

 


*御社の業務で困っていることや改善したいことをお持ちのお客様、クラウドサービスのご利用・ご導入等ご検討のお客様は
お気兼ねなくお問い合わせください!

お問い合わせ先(ホームページの”お問合せ”、または下記にご連絡をお願いいたします。)

M.SOFT (Thailand) Co., Ltd.

43 THAI CC TOWER 17th Fl., Room No. 174 South Sathorn Rd., Yannawa, Sathorn, Bangkok 10120

Tel. : (+662) 673-9980 (田窪、岡、渡辺)

Fax. : (+662) 673-9986

E-mail : msthai@msoft.co.th